社員証のススメ

社員証はプラスチック製が主流

社員証はプラスチック製が主流 企業や会社に所属して、まず初めに造るものといえばやはり「社員証」です。社員証がなければ、そもそも会社の建物に入れないとか、敷地内にすら入れないというところもあります。これは、セキュリティ上の問題が大きいからです。社員証は、その人が会社への出入りを許されていることを証明するものでもあるからです。したがって、発行や作成は即日が望まれます。
紙への印刷形式を取るのであれば、たとえ本人写真入りだとしても、デジカメやプリンターさえあれば、PCですぐに作ることができます。ただし、どうしても耐久性に問題がでできます。プラスチック製の場合でも、印刷可能な機器さえあれば、これもまた即日発行可能です。運転免許証をその場で発行してもらう場合などがこれにあたります。また、金属製などの特殊な社員証は、どうしても作成に時間がかかるため、すぐに発行するというわけにはいきません。確かに、耐久性を考えた場合に金属製は有利ですが、コストがかかり過ぎるという問題もあります。耐久性、コストや容易に作ることができることなどから総合的に考えると、やはりプラスチック製が主流になります。

社員証のためにお気に入りの写真を撮るコツ

社員証のためにお気に入りの写真を撮るコツ 社員証を作る場合、その会社で社員全員を一定期日一定時間に呼び出して、専門家が写真を撮るというケースも少なくありませんが、小さな規模の会社あるいは中途採用などの場合、街の証明用のボックスで撮影したものを提出させたり、スマホやデジタルカメラで自分で撮影したものをデータ送付で社員証に使うというのも珍しくありません。
そこで街のボックスや自分で撮影のときに、お気に入りの写真を撮るためのコツですが、いくつかあります。
まずは髪型を整えることです。次が男性であれば髭をきちんと剃るということになりますし、女性であればそれなりのお化粧を施すということになります。服装にも注意が必要です。自宅での撮影の場合は、背景にも注意する必要があります。
そしてとっておきのコツですが、ひざ元に白い紙もしくはハンカチを置くことです。これが光の反射となって、下方からライトを当てる効果になるのです。タレントさんや有名人が撮影されるときに、反射板とかライトが用意されますが、これが顔を明るくし、若々しくする源なのです。