社員証のススメ

オリジナルの社員証を作る

オリジナルの社員証を作る 最近では印刷会社が様々な印刷物をオンラインで受け付けています。このサービスを利用する事でオリジナリティが高い社員証を作成する事が出来ます。デザインのデータ入稿が必要になりますので、パソコンにデータを作成する為のツールをインストールして環境を整える事が大切です。社員証を作成してくれる印刷会社を探すには、オンラインサイトをチェックするのが効率的でしょう。

多くの印刷会社が印刷サービスを受け付けていますので、企業が望む仕上がりに近づける事が出来るでしょう。社員証は、文字レイアウトやフォント選び、顔写真の箇所次第でイメージが大きく変わってきます。デザインのデータ入稿をする時には、それらの要素が適切に配置されている事を確認し、印刷会社から指定されているデータフォーマットに合わせておかなければいけません。特にカラーモードが重要であり、CMYKモードになっていなければ印刷した時の色合いがおかしなものになってしまいます。

社員証の用紙の厚みは用途を考慮して選ぶことが重要です

社員証の用紙の厚みは用途を考慮して選ぶことが重要です 社員証は社員としての身分を明らかにするために非常に重要なものであると同時に、最近では企業の入退室管理など様々なセキュリティ面での利用も広く行われているもので非常に重要なものとなっています。そのため従来ではその用紙の厚みについては単に日常的な使用において簡単に折れ曲がったり破損したりしない程度のものであれば、特に細かい指定はされないことが少なくありませんでした。しかし現在では入退室管理やセキュリティ管理などを行う重要な鍵として利用することが多いため、厳格に規定することが多くなっています。
最も一般的に利用されているのは入退室管理における社員証のスキャンです。社員証に貼り付けられた磁気ストライプを入力端末にスキャンさせることでその情報を読み取らせて入力する仕組みとなっていることが多く、この場合にはカードリーダーに適合する用紙の厚みを厳格に指定しこれに適合させることが必要となってきます。このため従来に比べ非常に厳格な規定がなされるようになっているのです。